鍛冶屋の日々を書き綴る

樟脳作り体験

樟脳の続き。次は体験です。

まずは、窯の入れ替えからです。
この窯に入っているのは、蒸した後のクスノキのチップです。
樟脳体験
この窯に満タン入れると、2tくらい入るそうです。

チップを、取り除いてしまうと、大人がすっぽり入ってしまうほど大きな窯です。
取り除いチップは、蒸すための燃料になります。
樟脳体験
底に開いている穴から蒸気を出す穴です。
穴の掃除も終わり、窯の側面の蓋を閉めて、準備完了です。

削ったチップを、ベルトコンベアーで窯の中へと入れていきます。
樟脳体験
途中、人が入ったり、杵で叩いたりして詰めていきます。
チップの隙間を少なくして、蒸気をゆっくり上げるためです。
ここまでで、体験は終了。蒸すのに8時間かかるそうです。

上がった蒸気は、パイプを通り枡の中へ入り、冷やされます。
樟脳体験
冷やされた蒸気は、水分に戻り、またパイプを通り、溜め枡に入ります。
樟脳体験
上に乗っている水桶に水を流しながら冷やすそうです。

冷やされた水分は、油と結晶になります。
樟脳体験
これが、結晶です。
樟脳体験
結晶を触った感じは、木をカンナで削った屑をまとめて、握ったような感じです。
黄色い水分は油で、さらさらした油です。

出来た結晶を、圧力をかけて絞ります。
樟脳体験
絞り終われば、樟脳の完成です。

絞るまでは、3窯分溜めるそうで、6tものチップが必要で、取れる結晶は、約25キロくらいだそうです。
絞った油は、昔は戦争で使う飛行機の燃料になっていたそうです。
今では、アロマオイルに使われたりするそうです。

2012-05-15 : 見学、体験 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop

船小屋スポット巡り

樟脳作りの続きです。

クスノキを削る刃の試し切りが終わり、坂田さんに連れられて、船小屋のスポット巡りへと出かけました。

近くに神社があり、大きなイチョウの木があります。その木は、1本の木なのですが、幹が分かれて大きくなっています。
船小屋散策
なんでこんな風になったんだろう?
船小屋散策
この木の由来も書いてあります。

このあたりは、炭酸泉があるみたいで、昔から自然に沸いているそうです。
船小屋散策
もう1か所炭酸泉の汲み場があります。飲んでみると味が全然違いました。もう1か所の方は写真撮り忘れです。

このほかいろんなスポットを回り、お昼ごはんを食べて、樟脳作り体験です。

樟脳作り体験はまた次回。
2012-05-12 : 見学、体験 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop

樟脳(しょうのう)作り

昨日、みやま市瀬高町長田にある、樟脳作りをされているお宅に行って来ました。
ここは、150年続いていて、昔ながらの方法で作っているのは、このお宅だけだそうです。
樟脳
このお宅に行った理由は、樟脳の材料であるクスノキを削るための刃を頼まれていて、作るのは初めてだったので、試し切りと仕事見学のためです。

看板の横には、無造作に置かれたクスノキの山があります。
樟脳
大きいものから枝まであります。

仕事場へ入ると、樟脳作りの歴代の名前が書いてある看板があり、現在は、五代目の内野和代さんがされています。
樟脳
和代さんは、四代目の清一さんの奥さんだそうです。

この機械で、クスノキを削るそうです。この機械は80年使われているそうです。
樟脳
作った刃は、一番外側に付けてもらいました。いよいよ試し切りです。

まずは、クスノキの皮を軽く削ります。
樟脳
皮にも樟脳の成分があるそうで、あまり削らない方がいいそうなんですが、小石とかが皮の間に入っている場合もあるそうで、それを除くために削るそうです。

何もあてないで、人の手で押さえて削って行きます。
樟脳
この方は、天然樟脳を守る会の坂田伸二さんです。
手で押さえているので、結構な衝撃があるみたいです。

一番右の切り口が、作った刃の切り口です。
樟脳
切り口を触ってみると他のに比べてツルツルしていました。

これが削れたクスノキです。
樟脳
内野さんはこれを見て、「こんなに長く切れたのは、久しぶりに見た。」と言ってありました。
樟脳
どの刃も減っていて、あまり削れていなかったみたいです。

この後、坂田さんにつれられて、このあたりの観光と樟脳作りを体験させてもらいました。
このあたりは『船小屋』と呼ばれる地域で、いろんな観光スポットがあるそうです。
坂田さんは道の駅の『川の駅船小屋 恋ぼたる』の室長もされています。

この観光と体験の事はまた後日書こうと思います。
2012-05-10 : 見学、体験 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

プロフィール

小宮國天/Kokuten Komiya

Author:小宮國天/Kokuten Komiya
代々続く刀鍛冶を家族でやっていて、
刀だけではなく、包丁、くわ、鎌も作っています。

(株)四郎國光
福岡県大牟田市大字倉永105-1
TEL/FAX 0944-58-1340

メールはこちらから

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR