鍛冶屋の日々を書き綴る

『九州の現代刀匠展』終了!

昨日、8月28日で『九州の現代刀匠展』が、終了しました。

研ぎと象がんは毎週土日で、実演を行っていましたが、刀匠は何も実演をしていなかったので、
刀匠でも何か実演をしようという事になり、銘切り実演をする事にしました。

銘切り実演は坂本薫朗さん、木村兼光さん、そして私の三人ですることとなりました。

銘切り
坂本薫朗さん

銘切り
木村兼光さん。木村さんもブログをされているので、ご覧になって観てください。
赤松太郎刀工外伝~兼光編~

銘切り
國天

最終日でしたが、多くの方が自分の名前を切ってほしいと言われていました。

最後に、象がん師の方を紹介したいと思います。
象がん師の稲田憲太郎さんです。
象嵌
稲田さんもブログをされているので、ご覧になって観てください。
伝統工芸 肥後象がん 稲田憲太郎

この展示で、初めて肥後象がんの方にお会いし、いろいろと教えて頂きました。
私も象がんにチャレンジしたいと思います。

この展覧会では、多くの方にお会いできたことと、いろんな勉強をさせて頂きました。
それに、楽しかったです。

また、こんな展示会が出来れば良いと思います。

島田美術館の方々やご来館して頂いた方々本当にありがとうございました。
2011-08-29 : 仕事風景 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

小宮國天/Kokuten Komiya

Author:小宮國天/Kokuten Komiya
代々続く刀鍛冶を家族でやっていて、
刀だけではなく、包丁、くわ、鎌も作っています。

(株)四郎國光
福岡県大牟田市大字倉永105-1
TEL/FAX 0944-58-1340

メールはこちらから

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR