鍛冶屋の日々を書き綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

樟脳作り体験

樟脳の続き。次は体験です。

まずは、窯の入れ替えからです。
この窯に入っているのは、蒸した後のクスノキのチップです。
樟脳体験
この窯に満タン入れると、2tくらい入るそうです。

チップを、取り除いてしまうと、大人がすっぽり入ってしまうほど大きな窯です。
取り除いチップは、蒸すための燃料になります。
樟脳体験
底に開いている穴から蒸気を出す穴です。
穴の掃除も終わり、窯の側面の蓋を閉めて、準備完了です。

削ったチップを、ベルトコンベアーで窯の中へと入れていきます。
樟脳体験
途中、人が入ったり、杵で叩いたりして詰めていきます。
チップの隙間を少なくして、蒸気をゆっくり上げるためです。
ここまでで、体験は終了。蒸すのに8時間かかるそうです。

上がった蒸気は、パイプを通り枡の中へ入り、冷やされます。
樟脳体験
冷やされた蒸気は、水分に戻り、またパイプを通り、溜め枡に入ります。
樟脳体験
上に乗っている水桶に水を流しながら冷やすそうです。

冷やされた水分は、油と結晶になります。
樟脳体験
これが、結晶です。
樟脳体験
結晶を触った感じは、木をカンナで削った屑をまとめて、握ったような感じです。
黄色い水分は油で、さらさらした油です。

出来た結晶を、圧力をかけて絞ります。
樟脳体験
絞り終われば、樟脳の完成です。

絞るまでは、3窯分溜めるそうで、6tものチップが必要で、取れる結晶は、約25キロくらいだそうです。
絞った油は、昔は戦争で使う飛行機の燃料になっていたそうです。
今では、アロマオイルに使われたりするそうです。

2012-05-15 : 見学、体験 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
熊本 «  ホーム  » 船小屋スポット巡り
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【樟脳作り体験】
樟脳の続き。次は体験です。まずは、窯の入れ替えからです。この窯に入っているのは、蒸した後のクスノキのチップです。この窯に満タン入れると、2tくらい入るそうです。チップを、取り除いてしまうと、大人がすっぽり入ってしまうほど大きな窯です。取り除いチップは、...
2012-05-18 19:22 : まとめwoネタ速neo
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

なるほど
ショウノウってそうやって作るのですか勉強になりました
大人の社会科見学みたいで楽しそうですね!
2012-05-23 20:21 : 昆布茶 URL : 編集
Re: なるほど
昆布茶 様

結構楽しかったです。近くにこんな場所があったとは全然知りませんでした。
2012-05-24 08:26 : 國天 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

小宮國天/Kokuten Komiya

Author:小宮國天/Kokuten Komiya
代々続く刀鍛冶を家族でやっていて、
刀だけではなく、包丁、くわ、鎌も作っています。

(株)四郎國光
福岡県大牟田市大字倉永105-1
TEL/FAX 0944-58-1340

メールはこちらから

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。