鍛冶屋の日々を書き綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

機械の刃

樟脳用の切削機の刃が出来上がったので、持って行きました。
切削機の刃
この12枚が新しい刃です。

出来た上がった記念に写真を撮りました。
記念撮影
右から、天然樟脳を守る会の坂田さん、樟脳を作られている内野さん、私の父と私です。

古い刃は、何年も使われ研がれて、こんなに減っています。
切削機の刃
もう、鋼はギリギリしかありません。

付け替えが終わり、試しに削ってみる事にしました。
切削機の刃
刃の出し方も合わせたので、良いかと思っていると、変える前よりも衝撃が大きく、削った木端を見てみると、
こんなに大きく削れてしまいました。
木端
厚みもあります。
木端
こんなに大きく厚く削れるはずではなかったのですが、計算違いで、これでもいいのか聞いてみると、
これでは大きすぎて厚すぎるので良くないと言う事でした。

このままではいけないので、作り直しです。
とりあえず4枚持って帰って、手直しをする事にしました。
2012-06-30 : 仕事風景 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

小宮國天/Kokuten Komiya

Author:小宮國天/Kokuten Komiya
代々続く刀鍛冶を家族でやっていて、
刀だけではなく、包丁、くわ、鎌も作っています。

(株)四郎國光
福岡県大牟田市大字倉永105-1
TEL/FAX 0944-58-1340

メールはこちらから

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。