鍛冶屋の日々を書き綴る

去年の作品

遅くなりましたが、去年平成22年は、2つのコンクールに出しました。
一振りは、毎年行われている『日本美術刀剣保存協会』(日刀保)が主催する『新作名刀展』と、
もう一振りは、去年から開催されることとなった『日本刀文化振興協会』(刀文協)が主催する『新作日本刀刀職技術展覧会』に出品しました。

この太刀は、日刀保に出品した太刀です。
22年出品刀

22年出品刀

22年出品刀

22年出品刀
長さは、二尺六寸(78.8cm)、刃文は重花丁子です。
残念ながら、入賞は出来ず入選でした。

この太刀は、刀文協に出品した太刀です。
22年出品刀

22年出品刀

22年出品刀

22年出品刀
長さは、二尺五寸四分五厘(77.1cm)、刃文は重花丁子です。
この太刀は、入選でしたが『技術奨励作』を頂きました。

今年は、この二振りよりも良い作品が出来たと思っています。
2011-03-09 : 仕事風景 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

素敵!
こころが晴れる重花丁子! 見事です!
2011-03-10 21:12 : 瀬川 URL : 編集
Re: 素敵!
> こころが晴れる重花丁子! 見事です!

ありがとうございます。
去年は、受賞できなかったので、今年は受賞したいです。
2011-03-11 08:20 : 小宮國天/Kokuten Komiya URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

小宮國天/Kokuten Komiya

Author:小宮國天/Kokuten Komiya
代々続く刀鍛冶を家族でやっていて、
刀だけではなく、包丁、くわ、鎌も作っています。

(株)四郎國光
福岡県大牟田市大字倉永105-1
TEL/FAX 0944-58-1340

メールはこちらから

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

QRコード

QR